Static Process Tutorial [3/3]


はじめに

このWorkshopは18.2.3で動作確認しています。

また、少なくともハンズオンのLab 1を実施している必要があります。


目的


最終構成

このハンズオンでは、Tutorial 1、2にて作成したプロセスを基に、Integrationとの連携機能を作成します。最終構成は以下の通りです。

サービス にて、Integrationを実行します。

サービス にて呼びだすIntegrationは、『受け取ったリクエストデータをそのままレスポンスとして返却する』処理を行います。


インテグレーションの用意

Process Cloudと関連付けをするIntegratinを確認します。

  1. ホーム画面から、Integrationsをクリックします。

  2. 今回は、サンプルとして初期構築時に用意されている Echo を利用します。統合画面の Echo にあるトグル・ボタンをクリックします。

  3. アクティブ化をクリックします。

  4. 以下の状態になれば、Integrationの準備は完了です。


アプリケーションの更新

Integrationとの統合設定

ProcessからIntegrationを呼び出すための設定をします。

  1. ホームからProcessの画面に戻り、アプリケーション>PurchaseRequisitionをクリックします。

  2. 統合>統合の参照 をクリックします。

  3. Echoを選択し、 作成 をクリックします。


プロセスからIntegrationの呼び出し

プロセスからIntegrationを呼び出す設定を追加します。

  1. プロセス>PurchaseRequisitionをクリックします。

  2. スイムレーンDeputy Managerにサービスアクティビティを配置します。

  3. サービスアクティビティのプロパティを開きます

  4. タイプから サービス・コール を選択し、右の鉛筆マークをクリックします。

  5. タイプが 統合 になっていることを確認し、虫眼鏡のアイコンをクリックします。

  6. Echo を選択し、 OK をクリックします。

  7. サービスアクティビティの データ・アソシエーションを開く をクリックします。

  8. Echo に連携させるデータをマッピングします。

    今回は、プロジェクト名を Echo に連携し、プロジェクト概要を Echo から受け取るよう設定します。入力は以下のように設定します。

    • 左:PurchaseRequisition > Data Object > purchaseRequisitionUIDataObject > projectName
    • 右:message

    出力は以下のように設定します。

    • 左:body > message
    • 右:PurchaseRequisition > Data Object > purchaseRequisitionUIDataObject > projectDescription

  9. 適用 をクリックします。

  10. 保存します。


プレーヤを使った動作確認

再生機能を使い、作成したプロセスの動作を確認します。

  1. テスト をクリックします。

  2. アクティブ化 をクリックし、テストモードでのアクティブ化を実行します。

  3. 今回は再生機能を使ってプロセスの流れを確認するため、 再生 をクリックします。

  4. アプリケーション・プレーヤ の画面で、左上のPurchaeRequisitionをクリックします。

  5. 購買申請開始イベント中にある開始ボタンをクリックします。

  6. ユーザーを選択し、 実行 をクリックします。

  7. 画面フォームに入力し、 送信 をクリックします。今回は、プロジェクト名をIntegrationへ連携し、プロジェクト概要として返却された値を受け取るので、プロジェクト概要は空欄にしておいてください。以下に入力例を記載します。

  8. 引き続き、 リクエストの承認 でユーザーを選択し、 実行 をクリックし、 フォームの起動 をクリックします。 プロジェクト概要プロジェクト名 で設定した値が入力されました。


    プロセスが終了するまで実行します。


Integrationの実行確認

Integrationの画面を開いて、どのようなリクエストを受け付けたのか確認してみましょう。

  1. ホーム画面をスクロールすると、モニタリング結果が表示されています。Monitoringをクリックします。

  2. 左のメニューからトラッキングをクリックします。実行結果が、message:<<フォームで入力したプロジェクト名>>になっていることを確認します。


これで3パートに分かれていたStatic Processのチュートリアルはすべて終了です。